【鳥取・べんけい】箸が止まらない。コクとキレの牛骨ラーメン

2017.09.02
20170901_benkei 2

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、鳥取・倉吉「中華そば専門店べんけい」の牛骨ラーメン(醤油)。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、コクがあるのにキレがあるとどこかで聞いたことあるような言葉をつぶやく、「中華そば専門店べんけい」の牛骨ラーメンのお味とは?

オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】中華そば専門店べんけい

中華そば専門店べんけい@倉吉にて、牛骨ラーメン(醤油)。

同店のオープンは2014年。ロケーションは、ほぼ倉吉駅の駅前といって良いほど、駅と近接している。倉吉駅を活用される方であれば、容易にアクセスすることができるだろう。

ラーメン官僚、中華そば専門店べんけい

昼時にはひっきりなしに客が舞い込む、倉吉エリア屈指の人気店。訪問時も店内はほぼ満席状態。

退店時には並びさえ発生していた。

基本メニューである「牛骨ラーメン(醤油)」を注文させていただいた。

待つこと5分。

登場したラーメンから、華やかな牛脂の薫りが舞い上がる。薫りには、寸分の濁りもない。良杯であることが予感できるものだ。

ラーメン官僚、ラーメン

シャープな斬れ味を誇る牛骨スープと香ばしい牛脂のコラボレーションは、コクとキレを兼ね備えたものであり、これは美味い!

十分なコクを持たせながら、どうすればキレ味を表現することができるか。

これが、牛骨ラーメンのスープにとって最も大切なポイントだと思うが、こちらの1杯は、そんなポイントを軽々とクリア。

麺とスープとの相性と良好であり、箸を持つ手が止まらない味わいを展開させていた。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

中華そば専門店べんけい

営業時間 11:00~14:30 18:00~翌1:00

住所 鳥取県倉吉市上井2-1-1

定休日 第2、第4月曜

 

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。
まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

 

 

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

【鳥取・べんけい】箸が止まらない。コクとキレの牛骨ラーメン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ