なぜ島根が1位?外国人観光客に人気の旅行エリアランキング

2018.01.24
shimane_top

近年、日本を旅行する外国人の観光客(訪日外国人観光客)が増え続けています。2017年の訪日外国人観光客数(累計)はおよそ2,869万人に達しました。10年前の2007年はおよそ835万人。たったの10年間で2000万人以上も増えたことになります。また、政府は2020年に4,000万人訪日を目標として掲げており、インバウンド(外国人訪日旅行)は今後ますます増加すると予想されます。そんな状況を受け、日本各地で「インバウンドを増やそう」と積極的に取り組む自治体が増えています。旅行予約サービス「楽天トラベル」では、「2017年 訪日旅行(インバウンド) 人気上昇都道府県・人気都道府県ランキング」を発表しました。一体、外国人観光客に人気急上昇中のエリアはどこなのでしょうか?また、人気のエリアでは、インバウンドを活性化させるために、どのような取り組みを行っているのでしょうか?

 

今年の人気急上昇エリア第1位は島根県!

早速、ランキングを見てみましょう。こちらは、予約人泊数をベースに、前年同期比の伸び率順に都道府県を順位付けしたランキングです。前年同期比の伸び率が最も高いエリア、つまり2017年に最も人気が急上昇したエリアは、西日本の島根県でした。前期比+135.0%と前年より35%も予約人泊数がアップしています。

また、第2位の三重県は前期比+132.6%、第3位の鳥取県は+130.9%といずれも西日本で、前期のランキング上位10位以内には入っていなかった県です。伸び率も僅差で、かなりの接戦が繰り広げられました。

2017年 訪日観光客 人気上昇都道府県ランキング(※前年同期比伸び率順)
1位 島根県 +135.0%
2位 三重県 +132.6%
3位 鳥取県 +130.9%
4位 宮城県 +123.1%
5位 鹿児島県 +119.1%

島根県が1位とは意外でしたよね?

そこで、今回は、いま最も人気急上昇中の「島根県」について、紹介します。

末次優花
鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰を満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。 人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

ついでに読みたい

なぜ島根が1位?外国人観光客に人気の旅行エリアランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ