尾道発、愉快すぎるチョコレート工場。それは最高に美味しく愉しい味

2016.03.25
尾道発、愉快すぎるチョコレート工場。それは最高に美味しく愉しい味

「サードウェーブコーヒー(豆にこだわり、ハンドドリップで一杯ずついれるコーヒーの楽しみ方)の波に続き、世の中では「サードウェーブチョコレート」が熱いですね。バレンタインが終わってチョコ熱も鎮静を見せるかと思いきや、チョコレート好き、強いてはカカオ好きにとって、バレンタインのようなチヤホヤしたイベントなんてどうでもいい!ってな感じでしょうか。いま都内でも次々とチョコレート専門店がオープンし、トレンドウォッチャーたちの話題をさらっています。

いま一番気になるチョコレートは尾道に

尾道発、愉快すぎるチョコレート工場。それは最高に美味しく愉しい味

さて、そんなサードウェーブチョコレートですが、注目すべきは東京だけに限りません。今回は、ユニークさでは右に出る者なし、海と山に囲まれた瀬戸内は尾道でシンプルな板チョコレート作りに奮闘するチョコレート工場「USHIO CHOCOLATL(ウシオ チョコラトル)」を紹介したいと思います。

尾道発、愉快すぎるチョコレート工場。それは最高に美味しく愉しい味

岩屋山から見る向島の街並み/尾道観光協会

瀬戸内海に浮かぶ向島。本州から数えてひとつめのしまなみ海道の入口となるこの島で、ダイレクトトレード(生産者とバイヤーの直接交渉による取引)で買い付けたとっておきのカカオを使い、カカオ豆と砂糖だけというシンプルなチョコレート作りを行うUSHIO CHOCOLATL。

尾道発、愉快すぎるチョコレート工場。それは最高に美味しく愉しい味

工場長の中村真也さんを筆頭に、立ち上げメンバーであるA2CさんとYA3さん、そして新メンバーとなる工員のマコロンさんとカフェ担当のNijicoちゃんの5人組が日々美味しいチョコレート作りに励むチョコレート工場です。なんだかこのメンバー紹介を聞いただけで、ずいぶん愉快な雰囲気が伝わってきますが、それこそが地元尾道はもちろん日本のあちらこちらから注目を集める所以。

小林繭
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

ついでに読みたい

尾道発、愉快すぎるチョコレート工場。それは最高に美味しく愉しい味
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ