たったの160円。広島・尾道で愛される「渡船」クルージング

2017.02.08
image_8

「坂の町」として有名な広島県尾道市とその対岸にある、サイクリングコースとして人気の向島。「しまなみ街道」の開通で車での往来が可能になりましたが、地元の人のおすすめは、たったの160円で「プチクルージング」気分が味わえる昔ながらの「渡船」なのそうです。映画やドラマの舞台にもなった美しい景色や懐かしい雰囲気が魅力の尾道市ですが、船上から見てみると、「また違った魅力」が見つかるのだとか。すでに尾道に行ったことがある人にもオススメの情報です。

広島県尾道でプチクルージングの旅!

image_1

広島県尾道には親戚が住んでいることもあり、もう数えきれないほどこの街を訪れています。しかし、まだトライしたことがなかったことがありました。それは「プチクルージング」です。今回初めてこのプチクルージングを体験してみました。

尾道と対岸の向島に渡る渡船があります。この渡船の往復費用はたったの160円。コンビニのドリンク代程度のお値段で気分爽快なプチ船旅ができるのです。

海に面している尾道駅付近は近年整備され、キレイなお散歩道が。そーいえば、昨年の月9ドラマでも桐谷美玲さんと山崎賢人さんがこのあたりでロケしていましたよ!

約300メートルの海峡を隔ててみえるのは向島という、造船所のある島。たくさんのクレーンが尾道側からも見えます。この海峡は「尾道水道」といい、昔から渡船が運航されています。

image_5

最近ではサイクリングを楽しむ方たちがぐっと増えましたが、この渡船は古くから通勤、通学など、尾道や向島に暮らす人たちのなくてはならない「足」

実はこのクルージングをすすめてくれたのは尾道在住のイトコです。
「乗船中や向島の方面から見た尾道の街は、街を歩いている時には見えんものが見えるよ。一度、乗ってみんさい」と。

向島には造船所があるので、本土からここに通勤されている人も多いのです。すでにしまなみ海道でつながる橋もかかっていますが、駅前から渡船に乗る方が利便性がよし。現在、3つの渡船航路が尾道市街地と向島の間を頻繁に運航しています。

御田けいこ
人生の設定は「いつでも、どこでも、食いしん坊バンザイ!」。人に会い、土地を歩き名物にふれ、郷土の味をあじわいつくす、をテーマに今日もどこかを踏みしめ歩いています。広島県生まれ。

ついでに読みたい

たったの160円。広島・尾道で愛される「渡船」クルージング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ