【里山レポ】広島県・芸北高原で見つけた夏の渡り鳥「ブッポウソウ」

2017.06.13
image1304

今年の初夏は例年になく天気が良く夏日が続いています。この陽気に誘われて、里山では珍しい昆虫や野鳥が活発に活動しているようです。無料メルマガ「里山を歩こう」では、広島県・芸北高原の初夏の様子を紹介しています。東南アジアからの渡り鳥で絶滅危惧種の「ブッポウソウ」にも出会いました!

初夏の西中国山地にて ~木の花、野鳥、昆虫など~

西中国山地・芸北高原を散策しました。

東南アジアから渡来したブッポウソウも繁殖を始めています。

image1303image1304

上空を鷹が舞っています。

image1299image1300

この付近で繁殖を始めたサシバの雌でした。

image1302image1301

杉の梢でチラッと見かけた鳥はサンショウクイでした。

ジモトのココロ編集部
地元応援メディア『ジモトのココロ』は、観光・移住・雇用からグルメ・温泉まで、地元の情報を発信しています。

ついでに読みたい

【里山レポ】広島県・芸北高原で見つけた夏の渡り鳥「ブッポウソウ」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ