甲州街道の旧宿場町で開催される、「台ケ原宿市」はなぜ人気なのか?

2017.11.01

神社の神殿お茶どころでは無料で茶道体験ができる!

尾白川の激流が祠前を通り過ぎることから「荒尾神社」と名づけられたとされる神社も、イベント会場となっており、クラフトのみならず、盆栽や鉢植えなども販売されています。

 

社殿を正面にみて、左側には熊野大権現の「味噌なで地蔵尊」があり、自分の身体で病んでいる場所に味噌を塗って祈願すると必ず治るといわれています。

田中荒尾神社には土俵もある

田中荒尾神社には土俵もある

神社の社殿は、イベント中はお茶室となっていて、本格的なスタイルでお茶を立ててくれます。しかも、お茶菓子つきなのに無料なのが驚き。

本格的な茶道が大人から子供まで無料で体験できる

本格的な茶道が大人から子供まで無料で体験できる

お茶やお菓子がもとても美味しい。都内のお店だったら、安くても600円はするかも。

雨音を聞きながらお茶を味わえ、とても和やかな時間を過ごす

雨音を聞きながらお茶を味わえ、とても和やかな時間を過ごす

小さなお子さんも体験させてもらえ、私もメチャクチャな作法だったと思いますが、日本の文化を誰もが気軽に体験できるってとても素敵。お茶を体験しに来るだけでも価値があります。

 

牡丹餅あんこ
■牡丹餅 あんこ■【フリーライター・編集】 グルメ雑誌・旅行誌・ウェブサイトの取材、執筆、撮影、ディレクション、編集など。 ツイッター(@ankobotamochi) instagram(https://www.instagram.com/anko_botamochi)

ついでに読みたい

甲州街道の旧宿場町で開催される、「台ケ原宿市」はなぜ人気なのか?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ