アメリカの職人が本気で作る、静岡のクラフトビール工房

2017.10.25

造りたてのチルドビールを特別に試飲

ベアード・ブルーイングブルワリーでは、作りたての個性的な味を10℃以下で流通させる「J-CRAFT」(三菱食品)を製造。酵母をろ過せずに10度以下でブルワリーから輸送して、都内の飲食店などに届けています。

工場横には狩野川が流れ、畑や山々が望める自然豊かな環境にある

J-CRAFT(三菱食品)は日本各地の個性豊かな6カ所のブルワリーで作られている

「J-CRAFT」は、ここのタップルーム(ビールサーバーがある場所)では、飲むことができませんが、今回は輸送前の「J-CRAFT」の「ペールエールIZU SHUZENJI」を取材と言うことで、特別に試飲させてもらいました。

見た目からして色が違い、いかに温度管理が大切かを知ることができた

見た目からして色が違い、いかに温度管理が大切かを知ることができた

劣化したビールと、瓶に詰めたての美味しいペールエールを試飲してみましたが、劣化した方のビールは嫌な苦みと劣化臭がして、思わず身震い・・・苦っつ!!・・・・。

 

beard_14

そして、新鮮なチルドビールを味わうとこんなにも違う物なのかと驚愕・・・・。

今まで深く考えていなかったけれど、「ビールは冷たくしつづけないとおいしくない」のではなく、「冷たくしないと、急激に味が変わってしまう“生き物”」なのだと知りました。

温度の管理なども含め、やはりクラフトビールはクラフトビールの専門店で味わいたい。

beard_13

 

東京で「J-CRAFT」が飲めるお店のうち2軒をご紹介します。

東京で「J-CRAFT」が飲めるおすすめ2軒

GRILL & PUB 「The NICK STOCK」
所在地:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
 TEL:03-6264-5756

TAMEALS 品川店
所在地:東京都港区高輪3-26-27 (品川駅エキュート品川サウス内)
TEL:03-5421-8011

 

ラベルはアーティスト西田栄子さんの作品。工場内の壁面にもたくさん版画が飾られている

ラベルはアーティスト西田栄子さんの作品。工場内の壁面にもたくさん版画が飾られている

もちろん、ベアード・ブルーイングブルワリーも東京に進出しています。そして今年はLAにもお店を出店し、アジアNo.1のクラフトビールを目指しています。

 

どれがいいか迷ったら「飲み比べセット」がおススメ

メニューをみるとビールの種類がいっぱい。

この他にも季節限定メニューがあり、どれにするか迷うこと必至です

この他にも季節限定メニューがあり、どれにするか迷うこと必至です

季節限定のメニューもあるし、タップの前で「うーーーーん」と唸る。

木を基調としたホッコリ系のタップルーム

木を基調としたホッコリ系のタップルーム

スタッフの人が「もしよければ、飲み比べをおススメします」と言ってくれ、迷わず飲み比べをお願いしたが、更にどれを飲み比べるか迷う。

「ぬーーーーーーっ」

結局、定番の「ライジングサン」と人気の「フェストラガー」、「わびさび」をオーダー。

「わびさび」を「わさび」と空目してしまい、「わさびはピリッとしますか?」と聞いてしまい、外国人スタッフに「わさびの香りはしません」と教えてもらう。すみません・・・(汗)

 

左の「ライジングサンペールエール」は柑橘系の香りが爽やかなペールエール。     

中央の「フェストラガー」は季節限定。ほのかにフルーティーな香りがするガンバーラガー

右の「わびさび」日本のわびさびを追求したJPA。アルコール度数は7%ですが、後味すっきり。どれも個性があり、風味やコクなどもそれぞれ。

ただ、3種のビールに1つだけ同じ共通点があった。それは、3つとも全部「美味しい」。

ベアード・ブルーイングブルワリーは、今回のように工場を見学することができます。

beard_07

ベアードさんを始めとするスタッフの方も日本語が上手なので、英語が苦手な方でも工場見学が楽しめます。見学後のビールはより一層おいしいものになりますのでぜひ。

 

三島駅で購入した駅弁「伊豆山海おぼろ寿司」/ 870円

beard_17

ちなみにこのブルワリーは、お食事やおつまみの持ち込みOK!!サンドウィッチや駅弁は、三島の売店で購入することができます。 スイーツなどとのペアリングも楽しめるので、チョコレートやチーズケーキなどを買っていくのもおススメです。

 

ベアード・ブルーイングブルワリーガーデン修善寺
〒410-2415 静岡県伊豆市大平1052-1
 TEL:0558-73-1199

 

牡丹餅あんこ
■牡丹餅 あんこ■【フリーライター・編集】 グルメ雑誌・旅行誌・ウェブサイトの取材、執筆、撮影、ディレクション、編集など。 ツイッター(@ankobotamochi) instagram(https://www.instagram.com/anko_botamochi)

ついでに読みたい

アメリカの職人が本気で作る、静岡のクラフトビール工房
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ