長岡花火は最後に「泣ける」。五感で花火を感じる大迫力の画像10枚

2016.07.29
post172828_ic

『長岡大花火大会』は8月2、3日に、信濃川の河川敷で行われます。

片貝まつり浅原神社秋季大祭奉納煙と、ぎおん柏崎まつり海の花火大会と併せて越後三大花火と呼ばれています。

日本三大花火大会の一つでもありますが、他の大会とは違い、自然災害などの慰霊、復興を現すための花火大会なのだそうです。

 

タダノブさん(@tadanobu0710)が投稿した写真

この花火大会で注目すべきなのは、都内などで上げられない規模の花火がどんどん上がるところです。

名物の「正三尺玉」が3連発で打ち上げられるのですが、打ち上げ場所に近い長生橋上流からの観覧が人気だそう。

全長約2kmにもなる復興祈願花火「フェニックス」や、全長650mの「ナイアガラ」などが目玉であり、圧倒的なスケールを楽しむことができます。

 

(o´∀`o)さん(@n0liben_tarooo)が投稿した写真

 

未来さん(@mirai2893)が投稿した写真

 

@oka5335が投稿した写真

素晴らしい景色。

 

momoさん(@aiueo_____npa)が投稿した写真

 

あっくんさん(@akkunn7584)が投稿した写真

 

Masamiさん(@oshimaf1.0)が投稿した写真

 

@oka5335が投稿した写真

素晴らしい花火ですね。尺玉100発を打ち上げる米百俵花火なども見どころです。

地元の花火大会もいいのですが、今年の夏は長岡大花火大会に行ってみませんか?

 

記事提供:@heaaart

@Heaaart
@Heaaartは、「心(Heart)」に響くコンテンツを掲載するバイラルメディア。【公式サイト】http://heaaart.com

ついでに読みたい

長岡花火は最後に「泣ける」。五感で花火を感じる大迫力の画像10枚
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ

1 Comment
  1. 匿名

    長岡に行く時間も費用もないので、助かります。花火🎆見物の気分を味わいました。

Comments are closed.