トラガールに大手受注!女性目線が中小企業に新規ビジネスを生む事例

2016.04.15
トラガールに大手受注!女性目線が中小企業に新規ビジネスを生む事例

安倍政権が掲げる「女性が輝く日本」、その実現のための成長戦略として掲げられている「女性の活躍推進」について、様々な取り組みが進められています。働く女性を応援するポータルサイトや人材データバンクの開設、助成金に続き、2016年4月1日には「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が施行されました。

政府によって数々の施策が打ち出されていますが、上記の法律も労働者301人以上の大企業が対象となっているなど、中小企業を対象とした施策はまだまだ不十分。企業が女性の管理職登用で数値目標を設定し達成した場合に助成金を支給する制度「ポジティブ・アクション能力アップ」においても、2014年初年度の申請数が0件という報告があるなど、中小企業で女性が活躍できる職場づくりは、全国的に悩ましい問題です。

女性活躍の職場づくりを女性主体で実現

トラガールに大手受注!女性目線が中小企業に新規ビジネスを生む事例

岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizサイト

そんな中、愛知県では女性自らが女性の働き方を考え、実現させている企業が増えてきています。その火種となっているのが、地元中小企業の売上アップをサポートする「岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz」です。

2013年10月に岡崎市と岡崎商工会議所が共同で設立した「OKa-Biz」は、「きく」「みつける」「ささえる」をテーマに、ビジネスコーディネーターと専門家らによる、地元中小企業の売上アップを支援する公的産業支援施設です。

公的な産業支援機関は日本全国にありますが、現状、男性や中高年の相談員が多く、女性の立場に立った支援活動が不十分でした。そこでOKa-Bizは、より女性の積極的な支援を掲げ、副センター長をはじめ相談員や企画広報担当に女性を積極的に配置。施設の開設当初から、企業の創業や販路・売上拡大などにチャレンジする女性を支援しています。

Oka-Bizの特徴は、女性相談員自らが女性が働く上での課題を実際に抱えたり解決しながら活躍しているということ。例えば副センター長・髙嶋舞さん(34歳)は、施設開設から1年の2014年11月に第3子を出産。育休を経て約半年で職場復帰をしています。彼女は日本最年少の女性副センター長というだけでなく、相談件数においても職場内トップだったことがあるなど、男性顔負けの活躍を見せているそう。

その他、2児の子育てを行う女性も相談員として活躍中。髙嶋副センター長を筆頭に、中小企業診断士やコンサルタント、フリーランスとして活躍してきた女性相談員が、これからの中小企業での女性の働きをサポートします。これらの働きが評価され、2015年6月には、内閣府男女共同参画局「平成27年度 女性のチャレンジ支援賞」も受賞しています。

まつこ
おんせん県(大分県)生まれ。 好きな大分料理は「吉野鶏めし」、もちろん冷蔵庫に「かぼす胡椒」は欠かせない。現在は、持ち前の酒飲み女っぷりを発揮し、東京の飲み屋をさまよう日々。

ついでに読みたい

トラガールに大手受注!女性目線が中小企業に新規ビジネスを生む事例
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け

こちらもオススメ