え、洗って食べるの!?名古屋のご当地わらび餅を食べ比べ!

2015.07.13
名古屋のご当地わらび餅

梅雨が明け始めると、甘味やスイーツもひんやり涼しげなものが食べたくなりますよね。そんな甘味欲に頭が満たされていたところ、メルマガ『名古屋グルメ情報』で「名古屋市内で食べられる『わらび餅』食べ比べ!」という記事を見つけました。

名古屋といえば代表的な和菓子「ういろう」や、トーストに餡子をのせて食べる「小倉トースト」など、和菓子文化も盛んですから、夏の和菓子として親しまれる「わらび餅」もきっと美味しいに違いない!

老舗の和菓子店が上品に仕上げたものから、洗って食べる変わり種など種類もさまざまですよ。

創業370年、名古屋の老舗「両口屋是清」では和三盆糖蜜をたっぷりかけて

両口屋是清

「両口屋是清」の、わらび餅は和三盆糖蜜をつけていただきます

両口屋是清栄店は、和菓子販売だけでなく和のカフェが併設されています。抹茶、ぜんざいなどのレギュラーメニューに加えて季節メニューも用意。初夏のメニューは、わらび餅です。きな粉をまぶしたプリプリ感のあるわらびに、上品な甘さの和三盆糖蜜が別皿で用意されていますので、つけて美味しくいただきます。終日全席禁煙。

両口屋是清

中日ビル南にある両口屋是清栄店は、落ち着いた和カフェを併設

両口屋是清 栄店
1.メニュー わらび餅
2.料金   648円
3.場所   名古屋市中区栄4-14-2 久屋パークビル
4.電話   052-249-5666
5.営業時間 9:00~19:00

 

元「甘党の店」現ラーメン屋の「スガキヤ」。元甘党として夏の甘味も抜け目なし

スガキヤ

スガキヤの新メニュー「抹茶わらびもち」

名古屋を代表するファストフード店スガキヤが、夏の新メニューとして販売している「抹茶わらびもち」は、モチモチ感のある冷たいわらび餅にほろ苦い抹茶をまぶしています。甘い黒蜜がマッチして気持ちのいい食感が特徴です。涼感を重視したい方には、黒蜜のかわりにソフトクリームがかかり、ぜんざいの加わった「わらびもちクリームぜんざい」がオススメ。

スガキヤ ニュー栄B2店
1.メニュー わらびもち
2.料金   210円
3.場所   名古屋市中区錦3-23-18 ニュー栄ビルB2F
4.電話   052-971-6296
5.営業時間 11:00~20:00

 

これは斬新!洗って冷やして食べる、「雀おどり総本店」のもちもちプルプル食感

雀おどり総本店

「雀おどり總本店」わらび餅、カップにわらび餅と黒蜜ときな粉

江戸時代末期の安政三年(1856年)に、ういろや餅、団子などを中心にした町の菓子屋としてスタートしたという、老舗の和菓子店。雀おどり總本店のわらび餅は、加工澱粉、砂糖、水を練り上げたもの。

雀おどり総本店

「雀おどり總本店」わらび餅、まぶしてある片栗粉は水で流します

乾燥を防ぐための片栗粉がまぶしてあるので洗い流して氷水で冷やしてからいただきます。添付されている黒蜜ときな粉を好みに応じてつけて食べます。雀おどり總本店のわらび餅は、プリプリ感に加えてもちもち感がかなりあるのが特徴です。

雀おどり総本店

「雀おどり總本店」わらび餅、黒蜜ときな粉をかけていただきます

雀おどり總本店
1.メニュー わらび餅
2.料金   6個入り450円
3.場所   名古屋市中区栄3-27-15 松坂屋名古屋店西
4.電話   052-241-1192
5.営業時間 10:30-18:30

メルマガ『名古屋グルメ情報』5/19号より


無料メルマガ配信中

『名古屋グルメ情報』【無料 週刊】
名古屋のグルメ:ランチバイキング・名古屋名物・プレゼント・グルメイベントなどの紹介

 

両口屋是清 栄店

住所:愛知県名古屋市中区栄4-14-2 久屋パークビル

スガキヤ ニュー栄B2店

住所:愛知県名古屋市中区錦3-23-18 ニュー栄ビルB2F

雀おどり總本店

住所:愛知県名古屋市中区栄3-27-15 松坂屋名古屋店西

まつこ
おんせん県(大分県)生まれ。 好きな大分料理は「吉野鶏めし」、もちろん冷蔵庫に「かぼす胡椒」は欠かせない。現在は、持ち前の酒飲み女っぷりを発揮し、東京の飲み屋をさまよう日々。

ついでに読みたい

え、洗って食べるの!?名古屋のご当地わらび餅を食べ比べ!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジモココの最新情報をお届け
 ジモトのココロ・まぐまぐニュース!ほか、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

こちらもオススメ